クレジットカードでのキャッシングは便利? 不便? カードの比較など

MENU

「アコムマスターカード」が一般のクレジットカードと異なるのは、貸金を主業務とする消費者金融の発行するカードである点です。
このため、キャッシングに大きな比重が割かれていて、キャッシング専用の「アコムカード」と同様のサービスが受けられるという特長があります。

 

これに対し、一般のクレジットカードでのキャッシングの使い勝手はいかがでしょうか。比較してみます。
なお、以前はクレジットカードによっては同一のカードに複数の出金方法があり、金利も様々でした。現在では「キャッシング」一本に統一されています。

 

・キャッシング限度額について
一般のクレジットカードには、少額のキャッシング枠がついています。使わなくても、増額されていくことがあります。
キャッシング限度額は、ショッピング限度額の範囲内で使えます。
「ショッピング限度額50万円」「キャッシング20万円」と設定されている場合、ショッピングで40万円使ってしまいますと、キャッシングの限度額は、一時的に10万円に減縮されます。
他方、「アコムマスターカード」の限度額は少々特殊です。
キャッシングに関して「カードローン契約極度額」、ショッピングに関して「ショッピング限度額」が設定されますが、「アコムマスターカード」自体の限度額は、このどちらか高いほうとなります。
「カードローン契約極度額」が20万円、「ショッピング限度額」が30万円と設定された場合、カードローン(キャッシング)を10万円、ショッピングを15万円利用したとします。
「アコムマスターカード」全体の限度額が、「カードローン契約極度額」と「ショッピング限度額」との高いほう、30万円となります。すでに、キャッシングとショッピングとを併せて25万円借りていますので、残りの利用可能金額は5万円です。
5万円については、ショッピングで使っても、キャッシングで使っても、それぞれの限度額に到達しません。ですから、どちらにも使えます。

 

・実際の限度額設定について
融資を受けることを目的として、クレジットカードを申し込まれる方もいるでしょう。
しかし、クレジットカードは基本的にショッピングのためのもので、カード会社の審査もそちらに比重が掛けられています。
当初から、それほど多額の限度額設定は期待できないでしょう。
なお、クレジットカードの優れた機能である海外キャッシングなどのため、一時的に必要になる場合は、クレジットカード会社に相談して増額してもらうことができます。

 

・金利について
金利については、ほとんどのクレジットカードのキャッシングが上限18.0%で設定されています。
これは、利息制限法によるもので、限度額100万円未満の貸付についての上限となります。
クレジットカード全体の利用状況に応じて金利は下がることがありますが、下がったとしても、ほとんどのカードでは15.0%程度です。
金利の面では、「アコムマスターカード」すなわち、「アコム」の消費者金融商品と変わりません。
金利を追求するならば、クレジットカードや消費者金融よりも、銀行系のカードローンのほうが優れています。ただ、当然ですが審査は厳しくなります。