「アコムマスターカード」でETCは利用できる? できない?

MENU

・「アコムマスターカード」と「ETC」
高速道路等の料金所をスムーズに通過できるETC、すっかり普及しました。
単に料金所での支払いの面倒を省略しただけでなく、料金面での優遇もあるとなれば普及するのも当然でしょう。さらに、ETCカードの利用が必須である、「スマートインターチェンジ」の増加も背景にあります。
ETC利用のためには、原則としてクレジットカードと提携した「ETCカード」が必要です。つまり、ETCカードを作るためにはクレジットカードが必要です。
それでは、「アコムマスターカード」を持っていればETCカードも作れるでしょうか。結論から言いますとできません。「アコム」は、クレジットカードに付帯するETCカードを発行していません。
クレジットカードを新たに持つ以外の確実な手段としては、「ETCパーソナルカード」を作ることがあります。

 

・「ETCパーソナルカード」とは
有料道路の料金支払のために特化したカードです。
クレジットカードではなく、クレジットカードと提携してもいません。
このカードを作れば高速道路等のETC走行ができます。ただし、デポジット(保証金)の預け入れが必要になっています。デポジットが通行料金に充てられないのがネックです。
申込時に「平均利用月額」を5000円・10,000円・15,000円・20,000円の4種類から選びます。その額の4倍が「デポジット」となります。
実態に見合わない少ない額を選びますと、デポジットの追加を要求されることがあります。最悪の場合利用を停められますので、実態に合わせた額の4倍を納めましょう。
「ETCパーソナルカード」の申し込み後、デポジットを預託します。これが物的担保となります。
通行料金は、銀行引き落としとなります。また、年会費1,200円が別途必要です。
以上のように、「ETCパーソナルカード」は、クレジットカードとは全く関係のないものです。もちろん、「アコムマスターカード」ともなんの関係もありません。

 

・「ETCパーソナルカード」に不満の場合
審査なく作れる「ETCパーソナルカード」ですが、解約時に返ってくるものとはいえ、デポジットが高額である点は使い勝手がよくありません。
クレジットカードと提携したETCカードを手に入れるとすれば、どのようにするのがいいでしょうか。
最初に大事なことは、「アコムマスターカード」における利用実績です。他の選択肢がなく「アコムマスターカード」をようやく作れた人であっても、利用実績を積むことで、他のクレジットカードの審査が通りやすくなることは間違いありません。当然ですが、利用実績を積み重ねる中で、引き落とし不能などの事故があってはいけません。
利用実績を積むためには、6か月以上が必要です。
それから、比較的審査の緩く、かつETCカードを発行しているクレジットカードを申し込みましょう。
確実に審査を通るためには、限度額は低めにして、キャッシングも不要にしたほうが無難です。審査に通ってから増額すればいいのですから。
「イオンカード」「ライフカード」がお勧めです。どちらも年会費は無料です。
クレジットカードの審査に通りましたら、必ずETCカードは作れます。