「アコムマスターカード」で延滞したらどうなる? 利用は停められる?

MENU

「アコムマスターカード」は、他でクレジットカードが作れない事情のある人には、最後の切り札といえるカードです。
一度世間の信用を失ってしまった人も、このカードから再スタートを切れる貴重な一枚です。延滞などすることのないよう、くれぐれも気を付けましょう。
ですが、最悪の事象を想定しておくのは悪いことではありません。

 

キャッシングおよびショッピングのリボ払いにおいて、申込時に設定した指定の支払日を過ぎてしまったり、あるいは口座引落としの場合でも残高が不足していたりして、返済が滞るということはあり得ます。
なによりもまずしなければならないことは、「アコム」のデスクに連絡を取ることです。Webサイトやプッシュホンサービスでも、「支払延期」の手続きができます。
事前に「支払えない」ことがはっきりしている場合の相談もできます。いつ支払えるかを相談しましょう。
この場合は「事故」とはなりませんが、それでも年率20%の遅延損害金は必ず発生します。

 

まずは支払えない場合でも、他から借りてくることができないかなど、考えてはみるべきです。
もちろん、「ショッピング枠を現金化」したり、闇金から借りたりすることをお勧めはしません。もう少し簡易な方法で支払日を乗り切れないでしょうか。
仮に、支払えない返済が「ショッピングリボ払い」のものであれば、これはキャッシングのほうにまだ融資枠があれば、一時的にこちらから借りてきてでも支払うほうがいいです。
せっかく築き上げた信用情報を壊してしまっては元も子もありません。延滞によって、キャッシング、ショッピングともに限度額を増額してもらえる可能性が遠のきます。

 

次に、返済をうっかり遅らせてしまった場合です。
この場合、すぐに「アコム」から個人名での電話が架かってきます。連絡希望先に携帯電話を記載している方であれば、そちらに記載した携帯電話に架かってきます。
「返済できる日」および、「返済可能な額」を伝えれば、それ以上の電話はありません。
ここは真摯に対応しましょう。といいましても、謝罪よりもずっと大事なことは「間違いなく支払える日を伝える」ことです。
なおも支払いができない場合、または約束できない場合、自宅の固定電話に電話が来たり(やはり個人名です)します。
それでも支払わない場合は督促状が郵送されてきます。
職場にまで架けてくるのはよほどのことですが、利用者が誠意ある対応をしていなければこういうこともあり得ます。
職場への電話で「アコム」と名乗ることは絶対にありませんが、個人名での電話が何度も続けてありますと、まず職場にわかります。信用を失うこと必至です。

 

延滞して91日過ぎますと、信用情報に「事故情報」が記録されます。
こうなりますと、もはや「アコム」との関係だけでは済まなくなります。事故情報の記録によって、他のクレジットカード・ローンの新規借り入れは不可能となります。
さらに支払いませんと、「支払督促」を含めた裁判上の請求に移行することもあります。