アコムマスターカードは海外旅行で役に立つ? 海外キャッシングはできる?

MENU

「アコムマスターカード」は、世界中で使える「マスターカード」ブランドです。堂々と海外に持っていきましょう。「アコム」のカードだから使えないなどということは一切ありません。
「マスターカード」ブランドは、「VISA」に続く世界第二位のブランドです。海外店舗で、特に観光地で使えないことはめったにありません。
利用後の支払についても、基本的に国内利用と変わるところはありません。海外の利用分も、すべて「リボ払い」となります。ただし、国内利用と同様、毎月20日までの利用分を翌月6日までに支払うことで、「一括払い」と同様の支払となり、リボ手数料(利息)を発生させないことができます。

 

これは「アコムマスターカード」や「マスターカードブランド」に限らない話ですが、特に海外では積極的にクレジットカードをしましょう。数々のメリットがあります。
・両替レートが有利
現金やトラベラーズチェックの両替と異なり、両替レートが有利です。「為替レート」に両替手数料を上乗せしたものが「両替レート」ですが、クレジットカード利用の際の両替レートは、為替レートに手数料の1.63%を上乗せしたものです。手数料はカードブランドにより若干異なります。
現金を持っていって現地で両替するのは、手数料が高いのでお勧めできません。
・キャッシングには原則両替手数料が掛からない
お買い物はクレジットカードが便利ですが、そうはいっても現金も多少は必要になります。
現金は、国内で米ドルに替えていったり、トラベラーズチェックを持っていったり、日本円を持っていって現地で両替したりする方法があります。
しかし、一般的にもっともお得な現地通貨入手方法は「海外キャッシング」です。クレジットカードを使って海外で現地通貨を引き出したときに発生するのは、原則として利息だけです。
その利息も、1回払いであればそれほど大変な額にはなりません。
なお、ATMによって手数料が発生する場合もあります。日本においても、クレジットカードを例えば銀行でキャッシングしたとき、手数料が発生する場合があるのと同様です。
手数料を避けるためには、現地についてすぐ、空港で現地通貨のキャッシングをしましょう。

 

「アコムマスターカード」は、海外キャッシングもできる便利なカードです(ショッピング専用カードを除く)。
海外では、「Cirrus」ブランドのマークのあるATMでキャッシングができます。

 

「アコムマスターカード」があれば海外で困ることはありません。ただ、「海外旅行保険」が付帯していないのはデメリットです。
海外旅行の際には、あらかじめ海外旅行保険を申し込んでおきましょう。日本の空港にも申し込みカウンターがありますが、あらかじめ申し込んでおくのがお勧めです。自宅を出てから空港に着くまでの間に事故に巻き込まれても保証されるためです。
ただし、一般のクレジットカードに付帯する海外旅行保険ですが、それだけで海外旅行に行けるような手厚い内容のカードはほとんどありません。
他のカードを持っていても、海外旅行保険はどのみち必須です。