アコムマスターカード審査

MENU

アコムマスターカードの特徴・強み 消費者金融のクレジットカードはなにが違う?

一味違う特徴を持った「アコムマスターカード」をご紹介します。
銀行・信販・流通系のクレジットカードはお持ちでしょうか。「アコムマスターカード」は、それら一般的なクレジットカードと、ひと味もふた味も違う特色を持っています。

 

・世界中で買い物できる
世界第二位のシェアを持つ、安心の「マスターカード」ブランドです。

 

・年会費無料
「アコムマスターカード」は年会費無料です。いざというときのために、お財布に一枚用意しておくことをお勧めします。

 

・最短即日発行
「アコムマスターカード」は、申込み当日に発行できることがあります。

 

・リボ払い専用
「アコムマスターカード」でのショッピングは、自動でリボ払いとなります。
ただし、一般のクレジットカード一回払いのように、手数料を発生させずにお買い物をすることもできます。
お買い物の際に支払方法を決める必要は一切ありません。

 

・金利がお得
ショッピングのリボ払い金利は、10.0%〜14.6%。多くのケースでは14.6%ですが、一般的なカードローンや、クレジットカードのリボ払いと比べてお得になっています。
18%程度のカードローンでキャッシングしてからお買い物をするよりも、金利がお得です。

 

・明細書不発行
明細は「アコム」のWebサイトで確認します(明細郵送も選べます)。

 

・ポイント等が溜まらない
クレジットカードでおなじみの、ポイント制度がありません。これはデメリットです。

 

「アコムマスターカード」の利用が、もっとも威力を発揮するのはどんな場面でしょうか?
すでに消費者金融等で「ローン残高」のある方が、残高を「クレジットカードリボ払い」に移し替えていくのに大いに役に立ちます。
消費者金融でカードローン(金利18%)を使っている人が、光熱費の利用なども含めた、日常のお買い物に「アコムマスターカード」を使うことを想定します。
ひと月に10万円の買い物を「アコムマスターカード」の支払にするならば、それまで現金で買い物していた分を、カードローンの繰り上げ返済にまわすことができます。
これにより、18%の金利で借りていたローンを、徐々に14.6%のリボ払いに移すことができ、金利の負担が楽になります。

 

10万円も買い物しないという方もいるでしょう。ですが、光熱費や通信費はどうやってお支払いされていますでしょうか?
現在、ほとんどの光熱費や通信費用は、クレジットカードで支払うことができます。
これらを現金や、口座引き落としで支払っているのにも関わらず、消費者金融で借り入れをしているという方は「アコムマスターカード」を作ってカード払いにしましょう。
光熱費や通信費のために借り入れをしている方が、日常のお買い物と併せて10万円をカード払いに移すことができれば、同じ額をローンの返済に充てられます。

 

10万円の借入に生じる金利は、18%では月(30日とします)に1,479円。
これが14.6%になりますと、月に1,200円です。これにより、月に279円の利息削減ができます。

 

 

アコムマスターカードの口コミ・体験談など

「アコムマスターカード」の口コミを調べてみます。

 

・審査が緩い
他でクレジットカードの作れない人でも「アコムマスターカード」なら作れたという声が多く見られます。具体的には、延滞歴により他社のカード審査をはねられた人でも、現在きちんと完済していればカードが作れるようです。
消費者金融「アコム」が審査を行いますので、他のクレジットカードとは審査のポイントが異なります。
特に、派遣社員や契約社員、アルバイトの方には作りやすいカードとなっています。
ただ、まったくの無職では、申し込むことができません。

 

・利用実績を付けていくスタートのカードとしてお勧め
クレジットカードを利用して、延滞なくしっかり支払いをしていきますと、利用実績が積み重なります。
利用実績の積み重ねにより、もっと大きなローンやクレジットカードを作ることができるようになります。
社会生活の手始めに、また場合によっては借金から脱却していくための第一歩として、「アコムマスターカード」は大いに役に立ちます。

 

・発行スピードの速さ
即日で発行できる点は大きなメリットです。他のクレジットカード商品では、「セゾンカード」があるくらいです。
全国にあるアコム「むじんくん」の一部で、「アコムマスターカード」の即時発行が受けられます。

 

・カードデザインの配慮
カード面には「Master Card」の記載はありますが、「アコム」の記載はありません。「アコム」のカードであることは知られずにカードでお買い物ができます。

 

・ポイントがつかない
クレジットカード利用の大きな魅力である、「ポイント」がつかない点は物足りないという意見が多いです。

 

・付帯保険がない
これは日ごろ意識しないポイントかもしれませんが、多くのクレジットカードには海外保険旅行時などの付帯保険がついています。「アコムマスターカード」にはこれらの保険はついていません。
もっとも、スタンダードなクレジットカードについている保険に、それほどの価値はありません。付帯保険のないことは、それほどマイナスにはならないでしょう。

 

・リボ払い専用のデメリット
任意に返済をしない限り、ショッピングのすべてがリボ払いになる点は、マイナス点です。特に「カードローン」でなく、単に買い物するためのクレジットカードが欲しい人にとってはそういえます。
リボ払いは、すでにローン残高がある人などを除いては、非常に損なお買い物の仕方であることは理解しておきましょう。

 

その他、口コミには見られないメリットが、次のとおりいくつかあります。
・年会費無料
「いざというときのためとりあえずカードを作っておく」ためには、年会費があるのは妨げになります。
最近のクレジットカードにおいては、さほど目立つポイントではありませんが、大事な特長だと思います。

 

・リボ払いは、カードローンの借入情報とは別扱い
日常必要なお買い物を、「アコムマスターカード」のリボ払いに移していくことで、カードローンの借入情報を減らしていくことができます。

 

・カードローンよりリボ払いの金利が低い
リボ払い金利は、通常14.6%。アコムで18%の金利でのキャッシングより金利がお得です。
光熱費・通信費等の支払を「アコムマスターカード」での引き落としに移すことで、利息の支払が低減されます。

 

 

アコムマスターカードの金利 リボ払いの金利は高い? 低い?

「アコムマスターカード」には、「キャッシング機能」と「ショッピング機能」とがあります。
通常のクレジットカードには、「キャッシング機能」が特典のようについていますが、「アコムマスターカード」は、消費者金融の発行するカードですので、「ショッピング」「キャッシング」ともに重要となっています。
「ショッピング専用カード」というものも発行されていますが、貸金業がメインである「アコム」としては、「ショッピング専用カード」のほうは積極的に発行する姿勢ではないようです。

 

まず、「アコムマスターカード」の「キャッシング」金利についてご案内します。
これは、「キャッシング専用アコムカード」を作られた場合と同内容です。
金利は「契約限度額」によって決まります。
・契約限度額 1万円〜99万円の場合 年利7.7%〜18.0%
・契約限度額 100万円〜300万円の場合 年利7.7%〜15.0%
契約日翌日から30日間は、金利0円というサービスがあります。
消費者金融の場合、金利はおおむね同一です。どちらで契約した場合も、上限金利は利息制限法に基づき18%です。
最初の契約時は、上限の18%だと思っておいたほうがいいでしょう。
50万円を借り入れた場合の利息(返済を考えない場合)は次の通りとなります。

 

・30日間 0円 (無利息サービスによる)
・60日間 7,397円 (500,000×18%÷365×30)
・90日間 14,794円 (500,000×18%÷365×60)

 

一般的に「クレジットカード」というもの、支払方法に「一回払い」「二回払い」「ボーナス一括払い」などを選んでいれば、手数料は発生しません。
ですが、分割回数三回以上の「分割払い」や、「リボ払い」においては、ローン利息と同様の、手数料が発生します。
「アコムマスターカード」の場合は、早期返済した場合を除いて、ショッピングのすべてがリボ払いとなります。そのため、原則としてショッピングのすべてに手数料が発生します。
お買い物をすべてリボ払いにしてしまうのは、将来に負担を先延ばしすることになりますのでお勧めできません。クレジットカード会社の勧めるままリボ払いを使っていては、カード会社にどんどん収益を吸い上げられるだけでなく、将来の多重債務を引き起こしかねません。
ですが、「カードローン」の借入がすでにある方にとっては、カードローンを使う代わりに、光熱費や通信費等をリボ払いの引き落としで支払うなどの手段により、リボ払いをうまく活用して「カードローン」の利用を抑えることもできるのです。
クレジットカードの多くには「リボ払い」が用意されていて、1回払いをあとからリボ払いにする仕組みもあります。
ほとんどの一般カードリボ払い金利は、13.2%〜15.0%となっています。13.2%は、「Suica」系のカードに多く見られます。
「アコムマスターカード」のリボ払い金利は、10.0%〜14.6%です。
「Suica」系のカードにはかないませんが、リボ利率では一般のカードに比べて優遇されていることがわかります。

 

リボ払いをローンとみなしたときの利息(返済を考えない場合)は次の通りとなります。利息は14.6%で考えます。

 

・30日間 6,000円 (500,000×14.6%÷365×30)
・60日間 12,000円 (500,000×14.6%÷365×60)
・90日間 18,000円 (500,000×14.6%÷365×90)

 

なお、キャッシングと違う点は、毎月20日で締めたショッピングについて、翌月6日を越えてから利息が発生することです。
ですから、上記の「30日間」は、最大で「48日間」となります。この点も、キャッシングより有利です。

 

「アコムマスターカード」のキャッシング機能とショッピングとを上手に使い分けますと、大変お得です。
キャッシングの初回30日の無利息を使い、それから日常のお買い物や「光熱費」・「通信費」をショッピング機能のリボ払いに移し、浮いた現金をローンの返済に充てていくのが、賢い利用方法です。

 

 

「アコムマスターカード」の審査は甘い? 厳しい? 学生や専業主婦は?

「アコムマスターカード」の審査をパスしてクレジットカードを手に入れ、利用実績を作って、将来信販系や銀行系等のクレジットカードも作れるようにしていきましょう。
「アコムマスターカード」は、20歳から69歳までの、働いて収入を得ている方であればどなたでも申し込み可能です。
「アルバイト」「パート」「派遣社員」など就労形態を問いません。自営業で収入の安定していない方などでも、申し込み可能です。
学生さんも、20歳以上であり、労働収入があれば申し込み可能です。大事なポイントは「働いて得た収入」があることであり、「学生」であるという属性は必ずしも関係ありません。
学生から、正社員にならずに社会に出ていこうという方でも、「アコムマスターカード」ならばクレジットカードを持てますし、利用実績を積み重ねていくこともできるわけです。
反対に、労働収入のない専業主婦の方や、年金生活者は申し込み不可です。

 

審査については、他のクレジットカードと比べますと圧倒的に緩いという情報があります。「クレジットカード」の審査というより、「消費者金融のカードローン」の審査に重きが置かれています。
「アコム」の加盟する「CIC」と「JICC」(日本信用情報機構)の登録情報に基づいて審査が行われ、問題なければ「アコムマスターカード」が発行されます。
ただし、ルールがまったくないわけではありません。以下の場合は審査が通りません。

 

・「CIC」または「JICC」に、2〜3か月以上の長期延滞/債務整理による「事故情報」が残っている人
・「消費者金融」「クレジットカードによるキャッシング」の他社借り入れが多い人
・「総量規制ルール」に基づき、他社借入額が年収の3分の1を超えている人
・他社カードでのショッピング利用額が極端に多い人

 

銀行の借入については通常影響しません。ただ、「アコムマスターカード」を新たに作りたい人にはあまりないパターンのはずですが、「三菱東京UFJ銀行」「セブン銀行」等、「アコム」が保証している銀行ローンの借入については、審査に影響する場合があります。
過去に延滞歴のある方であっても、現在の延滞がなければ審査に通るというのが特徴です。ただし、「アコム」のローンで事故履歴がある場合はさすがに難しいようです。

 

万一「アコムマスターカード」の審査に落ちてしまった場合でも、まだ可能性が残されています。
「クレジットカード」の審査には落ちたが、「カードローン」としては審査OKという場合があります。
この場合、せっかくですからキャッシング専用の「アコムカード」を作ってしまいましょう。最終的に欲しいものがあくまでもクレジットカードだとしましても、キャッシングで実績を積むことで、「アコムマスターカード」に移行できる可能性が十分あります。
半年間キャッシングの実績を積んでから再度「アコム」のデスクに電話で申し込みをしますと、「アコムマスターカード」取得が認められることが多いようです。
なにもないところからでも、実績を積み重ねていくチャンスは失われていないわけです。

 

 

アコムマスターカードの審査には「在籍確認」がある? ない? いつかかる?

 

クレジットカードである「アコムマスターカード」でも、キャッシング専用の「アコムカード」でも、申込み後、申込者の勤め先に対する「在籍確認」は必ずあります。
ただし、消費者金融各社は、「アコム」等の会社名を名乗って電話することはなく、必ず個人名で電話を掛けます。まだまだ世間に対する消費者金融の偏見は強いですから、「サラ金から電話が来た」というだけで、申込者本人が信用を失くす場合があり得ます。このような対応はしません。
銀行系や信販系の会社も、常に個人名で電話してくるというような誤解もありますが、世間に信用のある会社は、会社名を堂々と名乗って電話を掛けてきます。この場合、本人に取り次ぐ必要はなく、「○○さんという方は在籍していらっしゃいますか」とストレートに訊いてきます。

 

「在籍確認」の目的は、申込者が「会社に在籍していること」さらに、「申込内容に虚偽がないこと」を証明することです。他の目的はありません。
申込者が会社に在籍していることがわかればOKです。申込者が外出していて電話を取り次げない場合でも、在籍事実が確認できればOKです。
申込書にウソを書いているわけでないのなら、なにも心配することはありません。
在籍確認の電話を入れる時間帯などは、相談に応じてもらえます。

 

問題は、土日祝にローンやクレジットカードを申し込んだ場合です。会社に電話しても応答がなく、在籍確認が取れなければ審査は完了せず、カードの即日発行をしてもらえません。在籍確認が終わらないと、カードは受け取れません。
「アコム」の顧客対応力には定評がありますので、このような場合も相談しましょう。審査未了の場合でも、仮審査結果に基づき少額融資をおこなってくれる可能性があります。この場合、のちに在籍確認の電話がかかってきます。

 

なお、在籍確認に変えて、社員証や保険証、給与明細等の書類で替える対応も場合によりしてくれるようですが、この場合も事前に相談が必要です。
ただ「アコム」の場合、気軽にこの対応に切り替えてくれるわけではなく、電話による在籍確認が基本です。
外から電話が来ることがない職場などで、「たとえ個人名であっても電話自体が掛かってくると困る」などの、具体的な事情は必要になってくるものと思われます。
また、貸し手の立場から考えますと、「申込情報に確認の取れない点があるものの、少額ならばとりあえず貸し付けてみてもいい」という場合もあります。そう考えますと、在籍確認を回避することによって、限度額を少なくされることがあってもやむを得ないはずです。
ですから、在籍確認は必要以上に恐れないほうがいいです。
職場内での相談と、「アコム」への申し込みの際の相談で、うまくいく場合もあるでしょう。いちばんいい方法は、「クレジットカードを申し込んだので、いついつに個人名で在籍確認の電話がかかってきますが、対応よろしくお願いします」と職場に伝えておくことです。
クレジットカードなら持っていて当たり前のものですし、この申し出の内容にはなんの嘘も混じっていません。

 

 

アコムマスターカードの返済方法 月々の返済額など

「アコムマスターカード」の、ショッピング、キャッシングの返済方法をご案内します。
基本的には「ショッピング」も「キャッシング」も返済方法はほぼ同一です。
大きく分けて、「銀行口座振替」と、アコムATM等で「任意返済」する方法の2種類があります。
また銀行口座振替ご希望の場合は「毎月6日」が指定されています。
任意返済の場合、「35日ごと」「毎月指定期日」(申込者で選べます)のいずれかが選べます。返済するATMは、「アコム」店舗のほか、「三井住友銀行」「セブン銀行」がご利用いただけます。「セブン銀行」は、全国の「セブンイレブン」店頭にありますので便利です。

 

さて、「アコムマスターカード」のショッピングにつきましては、キャッシングと異なるルールがあります。お得なご利用のためには、大事なルールですのでしっかり覚えておきましょう。
「アコムマスターカード」は「リボ払い」専用カードであり、すべてのお買い物が自動で「リボ払い」となり、リボ手数料(利息)が発生します。
リボ払いは、漫然と使うのではなく、計画して使わないといけません。「アコム」のカードローン残高を、リボ払いに移し替えていくなど、計画的に使うのが賢い方法でしょう。
ですが、クレジットカードの利用実績を積みあがるために「アコムマスターカード」を持ったような方は、なにもわざわざリボ払いを選ぶ必要はありません。
「アコムマスターカード」には、リボ手数料を支払わなくて済む方法も用意されています。
毎月20日までのショッピングの新規ご利用分全額を、翌月の6日までに任意にお支払いになりますと、リボ払い手数料が掛かりません。
この支払サイトは、通常のクレジットカード1回払いと比べても、特に不利なものではありません。
資金に余裕のあるときは、リボ払いの残高について繰り上げ返済するのもいいですが、さらに効率的な方法は、直前のショッピングについて返済してしまうことです。これで負担が軽減されます。
返済の意思があっても6日を過ぎてしまいますと、リボ払い分に組み入れられて、利息が発生します。
クレジットカード新規ご利用分について、毎回でなくても一括して支払う意思がある方で、「毎月指定期日」の任意返済をご希望の場合は、毎月「6日」を指定日にしておくのがお勧めです。

 

ショッピングリボ払いの返済額は、リボ利用金額の3%以上となっています。
借入額10万円の際は、3千円以上の支払が必要です。増額返済の場合は、それ以上の額を支払えばよく、特に告知の必要はありません。
リボ手数料としまして、金利が14.6%の場合は、1か月30日の場合1,200円が発生しています。
(100,000×14.6%÷365×30=1,200)
3,000円の支払のうち、1,200円が手数料に充当されますので、リボ払い残高の弁済には1,800円が充当されることになります。

 

キャッシング機能を利用した場合は、ショッピングと異なる枠で計算されます。
ショッピングのリボ払いと異なり、ローン利用時から利息が発生するという違いはありますが、利息の考え方はほぼ同じです。
キャッシングの場合、毎月の返済額は、ローン残高に「一定の割合」を掛けた額があらかじめ設定されます。「一定の割合」には、「3%」「4.2%」などがあります。利用限度額30万円以下の場合、「一定の割合」は「4.2%」です。
「一定の割合」が「4.2%」としますと、借入額10万円の場合、4,200円以上の支払が必要です。増額返済希望の場合、任意でそれ以上返済して構いません。
利息が金利18%としますと、1か月30日の場合1479円発生しています。
(100,000×18%÷365×30=1,479.45)
4,200円の支払のうち、1,479円が利息に充当されますので、元金の弁済には2,721円が充当されます。

 

 

アコムマスターカードは「むじんくん」で作れる? 作れない?

「アコムマスターカード」は全国にあるアコム自動契約機「むじんくん」で、申し込んで即時に発行してもらえます。
「アコム」の有人窓口は大変少ないので、「人に顔を見られたくない」などの事情のない方や、細かいご相談をしたい方であっても、ほとんどの場合「むじんくん」をご利用いただくことになります。
ただし、「アコムマスターカード」の発行ができる「むじんくん」は、一部の店舗に限られますのでご注意ください。「アコムマスターカード」の発行可能な「むじんくん」は、あらかじめ、「アコム」の公式Webサイトでお調べください。繁華街の店舗の場合、比較的作れることが多いようです。
「アコムマスターカード」発行可能の「むじんくん」に直接行きますと、タッチパネル器を通して申込みをすることができます。運転免許証や健康保険証等の、本人確認書類を必ずお持ちください。
他の書類は原則不要ですが、「他社を含めたお借入総額が100万円を超える」場合、または「アコムで50万円を超えるご契約を行う」場合は、併せて源泉徴収票や給与明細等の収入証明書も必要です。
申込み後、お勤め先に個人名での在籍確認も行われます。
「むじんくん」での審査に必要な時間は、30分ほどです。直接「むじんくん」に行くメリットは、書類のアップロードなどの手間がないことです。必要書類は、スキャン機にかざすだけで完了します。

 

「アコムマスターカード」には「ショッピング専用カード」も用意されていますので、キャッシングのできないこちらのカードを選択することも可能です。ただし、ショッピング専用カードを選んで審査にはねられた場合、クレジットカードを作る手段がしばらくなくなりますのでご注意ください。
「消費者金融におけるローンカード申込履歴を絶対に残したくない」とでもいうのでない限り、カードローンも使える通常の「アコムマスターカード」をお勧めします。こちらを申し込んで、「クレジットカード」の審査が通らなかったとしても、キャッシング専用のカードを作っておいて半年間の利用実績を積み重ねることにより、「アコムマスターカード」に移行する道がまだ残されています。

 

審査の結果問題がなければ「アコムマスターカード」が即日発行されます。郵送での受け取りも可能ですが、せっかく「むじんくん」まで行ったのであれば、ぜひカードを受け取ってきましょう。キャッシングが必要であれば、その場でATMからお借入れ可能です。
「むじんくん」に出向いてから申し込んでも、決して面倒ではありませんが、あらかじめパソコン・スマートフォンからWeb申込みをしておくのが便利です。Web申込みで、または電話での申込みをしておいてから「むじんくん」に出向いて契約を成立させ、短時間で「アコムマスターカード」を受け取ることができます。
なお、即時発行にこだわるのでなければ、「むじんくん」等の店舗に出向かなくても、Webや電話、あるいは郵送での申込みで「アコムマスターカード」を作って郵送してもらうことはできます。

 

クレジットカード以外にカードローンを探している人にはこちらも参考になります

横浜銀行カードローン審査
スルガ銀行カードローン審査
アコム在籍確認